ニュージーランドへ移住しよう!ー冒険をおそれずー

シンガポールからニュージーランドへ移住を目指す家族のブログ

ニュージーランドへ移住したい理由を考えてみた

f:id:AnimalNZ:20200321011214j:plain

出典:pixabay.com

 

今日は、ニュージーランドへ移住したい理由を考えてみた。

人それぞれ海外で暮らしたい理由は違うんだろうな。

私は2002年にシンガポールに来たけど、まさかこんなに長くここにいることになるとは思ってなくて、こちらで結婚もして子供もできて家も買って、そこそこ快適に暮らしている。

治安もいいし旅行も行きやすいし、日本食も簡単に手に入るし、近所にDonkeyもあるし笑 安全、便利という面においてシンガポールは本当に素晴らしいと思う。経済も成長してて多分日本で働くよりお金も稼ぎやすいんじゃないかな。

それでも我が家は家族も知り合いも誰もいないニュージーランドへの移住を決めた。理由は???

ニュージーランドの広々としたスペースと人口密度の低さ

これはないものねだりかもしれないんだけど、小さい小国家シンガポールに長年いると、スペースがあるというのは本当に本当にリッチなことだと思っている。

シンガポールという小さい国ではどこへ行っても人に当たる笑 冗談ではなく本当。人が少ないところを探すのが本当に大変。国土が小さいというよりは国土面積における人口、人口密度が高い!調べてみると、なんとシンガポールの人口密度の高さは世界第3位らしい。Wikipedia国の人口密度順リストにて確認すると、1km2 あたりの人口が6773人だって!!

ちなみに日本は38位で336人、ニュージーランドは195位で15.8人!!

15.8人と6773人だからその差約428倍!?嘘のような数字!! そりゃ歩けば人に当たるわけだよ笑

ということで人口密度3位の国に18年も暮らしていると、広々とした国で暮らしたいよ〜と切に願わずにはいられません。

ニュージーランドの大自然と固有の野生動物

これもシンガポールとの比較になっちゃうけど、シンガポールには山がない。小さい丘はあるけど笑 比較的アジアの中ではクリーンなシティーで、緑も結構ある。ただ、大自然というそれとは程遠く、計画的に植えられた植林となる。一方お隣のマレーシアに行けば大自然も満喫できるが、シンガポールにはないなぁ。国土が狭いから仕方ないのかな。だから子供を自然の中で遊ばせる、というのがなかなか難しく、人工のテーマパークやプレイグラウンドぐらいになってしまう。公園にも砂場なんてないし〜たまに木が植えてある土スペースを見つけては踏んでキャッキャとはしゃぐ息子を見てると、もっと土や砂のある場所(=自然)で遊ばしてやりたい、、、と毎度思う。日本のおかーさんとか逆に、土汚れは落とすの大変だから、土が少ないシンガポールは羨ましい〜とかおっしゃるので、やっぱりこれは無い物ねだりなのかもしれないけどね!!

一方のニュージーランドはいわずと知れた大自然に囲まれた国!!子供も大人も自然と遊ぶ機会には恵まれるだろうしそういう環境にはとても憧れる。

あと、野生動物ね!!私は小さい頃から動物が大好き。ニュージーランドにはニュージーランドの大自然を生き抜いてきた固有種たちが多く存在する。その動物たちにもとても興味があるしそういう固有種が生き残ってきたニュージーランドの大自然、環境にとても興味がある。

ニュージーランドのピュアな人々

過去ニュージーランドに遊びに行ったのは1回きり。人生初の一人旅で南島をダニーデンからマウントクック、テカポ、アッシュバートン、クライストチャーチまで旅した。アッシュバートンでは3泊ほどファームステイをして、現地の人たちと触れ合うことも結構あったけど、本当に人がみんなピュアに優しい!と肌で感じたんだよね〜その時はたまたまファームステイのホストの方に、地元の小学校やクリスチャンの集会なんかに連れて行ってもらったんだけど、なんのアポもなしにいきなりやってきた日本人に対してみなさん構える様子もなく本当にピュアに親切に受け入れてくれて感動しました!あとちょっとメイクが濃くて怖そうと思った店員さんとかも、とても親切だったりお店の対応とかも本当に心地いい。人の優しさってピュアなところから来てるのか、ただのカスタマーサービス、お金目的なのか、とかって受け手にはすぐに伝わるもので、ニュージーランドではどこへ行ってもとても心地よかったという記憶があります。みんなとても自然でピュアだなって。結構いろんな国に旅行に行ったけどあまりそんな風に感じた場所ってなくてとても印象的でした!

ニュージーランドが好きだから

とまぁ、色々理由を書いてみたけれども、結局のところ自分がニュージーランドが大好きだから、ということに尽きるかな。あまり理由はありません。なぜかニュージーランドに魅了されていてなぜかずっと住みたいと思い続けている。あえて理由を考えみると上記のような理由になるかもしれないけどどちらかというとそれは後付けの理由で、その場所を好きになるのにそんな明確な理由はないのかな、なくてもいいのかな、と思います。 

自分とパートナーと子供がみんな意見一致できて幸せを感じれる場所で暮らしていけたらそれが一番いいよね。

今やどこでも仕事もできる時代だし、暮らす場所の選択肢は世界中にある!と思ってます。

 

それではまた〜!